作成方法の種類

選手

目的に合わせて選ぼう

自分だけのオリジナルユニフォームが欲しい、と思っているスポーツマンは少なくないでしょう。特にチームスポーツをやっていて、自前のチームを持っている人ならそうした思いは強いと思います。オリジナルユニフォームはメーカーで作成されますが、実際の所どうやって作成されるのか意外と知られていないので、少し解説してみます。オリジナルユニフォームの作成には、いくつかのパターンがあります。一つは背番号などをシートでマーキングするサービスで、町のスポーツショップなどでも行っているサービスです。ブランドメーカー製のユニフォームにもマーキングは可能なので、オリジナルユニフォームとしてだけでなく、有名チームの応援グッズとしてもよく利用される方法です。もう一つはシルエットやデザインなどで用意された既製品の、襟や袖にステッチなどといったパーツごとに色を変えたりできるサービスです。既製品と言っても使用している生地や裁断縫製方法は様々なので、色の組み合わせなどを含め、かなり自由度の高いオリジナルユニフォームが作成できます。さらにオリジナリティを高めるのであれば、生地自体に直接プリントを施したり、生地の縫製から行ういわば完全オリジナルユニフォームというのもあります。作成方法が複雑になれば費用もかかりますが、以前と比べて加工技術が進歩しているため、比較的安価で作成が可能です。作業の機械化やコンピューター化が進んでいる事で、短い納期でも完成度の高いオリジナルユニフォームが作れるので、欲しい人はぜひ試してみましょう。